So-net無料ブログ作成

軟禁状態 [バングラデシュでのお仕事]


年が明けてだいぶ経ってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

 

お正月早々、バングラデシュの首都・ダッカに再び来ております。予想以上に肌寒く、朝晩は20度を切っています。うちのスタッフはマフラー巻いたりしてますが、暖房が無いので意外と冷えるんです。

実は昨年秋から、ダッカの治安がぐぐっと悪くなり、クライアントからやんわり(?)と「歩行外出厳禁」&「不要な外出禁止」という命が下されてしまい、なんというか軟禁状態にあります。

地方に行く場合は警察のエスコートサービスを付ける事が義務付られ、一層物々しさと窮屈さを感じてしまいます。

 

今回は2週間の滞在予定ですが、滞在期間中にビッショ・イジュテマというメッカ巡礼に次ぐイスラム教徒の大規模巡礼がダッカ北部で行われたため、基本的にはホテルとオフィスの往復となりました。

ホテルでまともなゴハン(カレー以外の食事という意味)が無いのは分かっていたので、今回はお酒だけでなく食料品もしっかり携えてやってまいりました。空港まで送ってくれた同居人が「え、2週間で帰ってくるんだよね?2ヵ月じゃないよね?」と確認するほどの荷物(笑)。

トラベルクッカー(ミニコンロとお鍋)で出来る料理は意外と幅広く、長期保存可能なお豆腐・昆布・ポン酢で湯豆腐にしたり、成城石井の生パスタ+パスタソース各種を白ワインで頂いたり(笑)。軟禁ライフ(キャンプ生活?)を楽しみましたが、それでもやっぱり週末は辛かったですね~。やっぱり外出できるのに出ないのと、出てはいけないのでは精神的な負担が違います。ちょっと新聞持って100メートル先のカフェに行きたいだけなのに、それすら出来ないのは苦痛でした。

 

徒歩外出厳禁なので、当然ながら写真がないのですが、昨年行った時の写真を備忘録にご紹介します。

cb01.jpg

バングラデシュの南にあるコックスバザール(Cox's Bazar)です。バングラが誇る世界最長のビーチ(120km)!なのですが、海の色も青くないし、砂浜も白くないので期待ほどでは・・・(笑)。 イスラム国なので女性が水着姿で泳ぐことは無く、みんな洋服のまま海に入っているので、入水自殺か?と思うほど何だか不思議な光景でした。

 

出かけたのが雨季の真っ最中だったので、どこもかしこも洪水状態なのですが、他のアジアでは見ない景色が多かったです。恐らく、この国独特の低地(標高の低さ)なんだと思います。

cb02.jpgcb06.jpg

cb05.jpg

どこもかしこもヒタヒタ・・・。乾季は田圃か塩田らしいのですが、雨季はエビの養殖をしていたりします。

 

cb04.jpgcb03.jpg

塩田で取れた塩を出荷中です(コンテナ一杯に砂のように見えるのがお塩)。これから更に精製されて白いお塩に変わります。1キロ数タカ(十数円)でダッカに売っているそうです。それでも、この地域はお塩や漁業が盛んなので豊かな地域だとか・・・。彼らの生活はわたしにとって鏡です。自分の仕事や生活を振り返る良いきっかけとなります。

村で写真を撮ってたら、外人が珍しいのかどんどん寄ってきて、最後は記念撮影。こういうのはどの国の田舎に行っても同じです(笑)。

 

乾季のうちにもう一度行ってみたかったのですが、治安が悪くて断念。

現場(田舎)に行くのは嫌いだけど、今進めているプロジェクトがここに住む人たちにどれほどの価値があるのか、自分の目でちゃんと確認しないといけないなと思ったりします。たまには真面目なコメントも書くのだ(笑)。

 

 

さて、週末に帰国して来月からは新規一転・未踏の国に行く事になりました。地球の裏側あたりからご挨拶したいな~と思ってます。 久しぶりにカメラ持ってく~♪

 

 


nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。