So-net無料ブログ作成

念願の! [たまには音楽でも]


9月の初めに、念願のディオンヌ・ワーウィックのライブへ行って参りました~!イエーイ!

 

お若い方には「だれ、そのおばあちゃん?」て感じでしょうが、わたしの世代にとっては、ソウル時代の立役者の一人と言っても過言ではない・・・、ソウル・シンガーでございます。ホイットニー・ヒューストンの従妹としても有名かな。

30年前のローティーンだった頃、インターネットも無い時代に、洋楽を聞くのは結構難しくて、夜中にやっていた小林克也の「ベストヒットUSA」とか、マイケル富岡がMCをしていた「MTVジャパン」みたいな番組をビデオ録画して、良く見ていました。くー、なつかしいぃ。

ジャニーズ好きの友達に囲まれながらも、中学生くらいの歳から、細々と(孤独に?)洋楽活動をしていたので分野問わず色々聞いてましたね~。ロックやポップスも聞いてたし、ソウルやレゲエも良く聞いてたなぁ。 まぁある意味「雑食」。

 

ディオンヌはその時代に抜群の歌唱力でわたしのハートをキャッチした一人。故ルーサー・ヴァンドロスとのデュオなんて、夜中に泣きながら見てましたね~(笑)。変な中学生だな・・・。

当時はレコード時代だったので、毎朝起きて彼女のレコードに針を落として、支度をする毎日を送っていて、隣の部屋の兄から「そのアルバム聴き飽きた!」とクレームもしばしば(笑)。本当にレコードがすり減るくらい良く聴きましたねぇ。

 

さて、そのディオンヌ・ワーウィックですが、実は2011年にブルーノート東京に来るとの事でチケットを取ったのですが、震災の影響でリスケジュールされてしまい、その後 ま~~~ったくわたしの出張日程と合わなかったのです。毎年、ブルーノートのHPを恨めしく見ていたけど、今年やっと念願叶いましたー!

実はチケットがブルーノートにあるまじき、結構お高い設定で・・・(汗)。彼女の事を知らない同居人には「行かないよね、行かないよね?知らないアーティストだもんね。一人で行っていいよね?」と念押し(笑)。 ほくほくと一人で青山に出かけました。

座席はね~、ステージに上がるときに通るという正面左側のブロックを指定して、運よく最前席に通されたのです。ディオンヌの香水が漂う超近いお席だったので、彼女と目が合ったと信じてマス(笑)!

 

セットリストは、彼女のメジャー曲のオンパレードでした。バカラック中心だったかなぁ。高音はさすがにあまり出ていなかったけど、それでもしびれる歌声でした。 「I'll Never Fall in Love Again」なんて泣いちゃいましたよ。

この日は、ほぼ満席で、会場の雰囲気も暖かい~ムードでしたね。こんなに近くで彼女のパフォーマンスが見れるなんて、ファンにとっては、夢の一夜となりました~♪ 元気なうちに、再来日してほしいな。

 

01_DIW_0010.JPG

写真:ブルーノート東京からお借りしました

 

あとね、ブルーノートはお酒を飲みながら・・・っていうのがイイヨね♪

 

 

 

【オマケ】

わたしの出張スケジュールと全然合わないアーティストがもう1名・コットンクラブにくるサラ・ガザレク(ジャズシンガー)。多少の出張振り替えも厭わない覚悟で、次の機会を虎視眈々と狙ってます(笑)!


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

好きになれない。 [バングラデシュでのお仕事]


書こう・書こうと思いつつ、ずーっと書けなかったバングラデシュ滞在記。

久しぶりにネガティブパワー満載で書いてみます(笑)!疲れている人はスルーしてね。

 

9月からバングラデシュの首都・ダッカに来ています。実は6月~7月にも1か月ほど来ていたのだけど、なぜブログに書かなかったというと、ハッキリ言ってバングラデシュが全然 好きになれない からなのです(爆)。直球で行くぜ。

 

今の仕事を始めて20年ですが、バングラデシュは初めて訪れる国。そして、南アジア地域というのも初めて。留学時代にインド系イギリス人の態度に腹が立っていたわたしにとって、南アジア地域にワクワク感は皆無でしたが、まさかこんなに過酷だとは・・・。

 

最初のダッカの印象は、混沌

車窓から眺める外界は、喧噪と交通渋滞。しかも、その交通渋滞っぷりが半端なく酷い・・・。空いていれば車で5分くらいのところにランチに出たら3時間帰ってこれなかった・・・。

bg04.jpg

信号があってもかるーく無視(笑)。 歩行者へのリスペクトはゼロ!交通警官は棒を持っていて、車をぺしぺし叩きながら交通整備をする謎のシステムです・・・(爆)。

 

交通量が多くて混雑しているのではなく、みんながみんな、勝手な方向に行こうと自我を通すため、全ての交差点で渋滞が発生しているのです。良くあるパターンは、交差点の真ん中で卍固め(?)のように、4方向からの車が頭を付きあわせてること。

車だけならまだしらず、そこにはリキシャ(人力車の自転車版)、CNG(三輪バイクに座席がついたもの)、バイク、自転車、バス、歩行者が混ざり合ってるのです。

特に、「道を譲る」事が欠乏していて、どの車も「我先に!」と突っ込んでいく。そして挙句、頭を付きあわせて怒鳴り合い、どこか一方が引くのを待つ。すると、引いた車の後ろにいる後車がまた我先に突っ込んでいく・・・。呆れて笑ってしまうほどの交通マナーの悪さ。

 

それは人も一緒で、空港でフォーク型に一列に並んでいると、平然と二列目を作って割り込んだり、横入りしてきたりする。いくら外国人が「この列は1列で並んでるんだ!」と説明しても、全く理解してもらえない。「順番を守る」って事が、まったく通じないし、人に譲るって事もない。あくまでも自分の流儀を通すし、自分が一番早ければ良いシステム・・・。

歩道を歩くと、ホーンを鳴らしながらバイクや自転車が「そこどけ!」くらいに突っ込んできます。ここ歩道ですけど?て感じ。で、車道に降りれば、リキシャと車が同様に圧をかけてくる・・・(涙)。歩く=階級の低い人=轢いても良いくらいに思ってるんだろうか・・・。こんなに虐げられているのに、今度は物乞いが手を伸ばして着いてくる・・・。これ以上わたしから、なにが欲しいんだ!

 

それが文化であり、風習なのかもしれないけど、こちらもそんな事ばかりされていれば、性格も人相も悪くなる・・・(笑)。

仕事柄、色んな所にいったし、貧しいと言われている場所も色々廻ったけど、ウガンダの田舎だってみんな順番を待って井戸で水汲みしていたし、インドネシアの僻地だって、歩行者には道を譲ってくれました。 どんなところにも必ず秩序ってものが感じ取れたのです。

それがここには全くない (ように見えるだけかもしれないけど)。知人は「民度が低い」という表現を使っていたけど、教育不足なのか、風習だから仕方ないのか分からないけど、そういう無秩序ってわたしにとってイライラさせられるというのが、今回初めて分かりました(笑)。バングラ大好きって方もいるだろうから、個人的意見ですけどね。わたしの周辺大多数は同じ理由でバングラに疲れている・・・。

ただ、ここまで書いておいて言うのもなんだけど、個人個人はとってもいい人達なんです(笑)。うちのアシスタント君でも、秘書のオジサンでも、ホテルのスタッフも。とても礼儀正しくて思いやりに満ちている。という事は、見ず知らずの他人には厳しいのか・・・(笑)。

 

あと、一番ダメなのは、イスラム圏でお酒が飲めない・買えない事(笑)!実はストレスの一番の理由なんじゃ・・・?

今回、初めて酒用スーツケースを買いましたよ~。瓶だと重いので、Hardy's の箱ワイン(5リットル!)を詰めて来ています。

 

 bg03.jpg

外国人が多く居住するグルシャン地域。オールドダッカや他の場所に比べると数百倍綺麗だというが・・・。写真に写っている黒い塊はスパイダーマンの巣(?)でも、巨大化した貞子(リング)の髪の毛でもありません(笑)。何をどうしたら、電線がこんなホラー的な見た目になるのか・・・。 

 

来週の帰国は待ち遠しいけど、まだあと2回も来なければなりません。

はあああああぁぁぁぁ~(ためいき)。

 

 


nice!(7)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。