So-net無料ブログ作成
検索選択

ぶらりサバナケット出張 [ラオスでのおしごと]


昨夜は夜の11時くらいまでがんばって報告書を書き上げました。わたしには珍しく、〆切5日前に提出!「やればできるじゃないか」という声が聞こえそうですけど。

それもこれも、週末帰国して日本でののんびりだらんと過ごすためです。土日はパソコンも開けないし、自宅のソファから動かない覚悟です!むんっ。


さて、今回のプロジェクトサイトはビエンチャンではなく実はサバナケット(ラオス南の街)だったので、週末から3日間ほど出張してきました。いつもは他の日本人と一緒なのですが、他のメンバーはわたしと入れ違いで帰国してしまったので、一人で行ってきました(というものの、現地にスタッフはいる)。お陰でホテルも自由に選べて楽しかった~。そうそう、初日はサバナケットの空港に到着後、ホテルからの迎えの車と間違えてUNICEFスタッフ専用のバスに乗り込んでしまい、大恥かきました(笑)。途中で気づいて説明したら、快く乗せてくれてホントに助かりました。さすが、国際援助機関♪

 

滞在中は一人でのーんびりしようと思っていたのだけど、サバナケットのラオス人友達(通称:サバ友)から速攻電話がかかってきて、所在がバレてしまい、夜は彼らとビール三昧でした。去年、このサバ友に勧められて食べた生ガキに半中りしたので、極力接触は避けたかった・・・(笑)。今回は中らず大丈夫でした。

ちなみに、日中はサバ友をイヤというほど現場へ連れまわし、前夜のビールが10分で汗に変わっちゃうくらいの強い日差しの下で現地調査に付きあわせていました。ガハハっ・・・!

 

夕方にちょっとだけ時間が出来たので、一人でぶらりとサバナケットをお散歩

 sv04.jpg

夕方になるとみんな川沿いに集まってくる。屋台が並んで、いい匂いが漂うんだよね~。約束が無ければ、わたしもローカルに混じって、ビールと焼きイカをかじりたかった(笑)。もちろんMY蚊よけスプレーは持っている。

 

sv05.jpg

メコンに沈む夕陽はなんだか情緒的。写真では見えないけど、子供が川で泳いだり、漁をしてたりするので、こちらの人は夕方から活動が活発になるみたい。

 

sv01.jpg

街の中も、この時間はノスタルジックな風景です。この後になるとかなり本気で真っ暗になっちゃうので(街灯が少ないから)、印象は全然違うかも。サバナケットはラオス第2の都市なんだけど、ものすごくコンパクトで、地球の歩き方には4ページくらいしか載ってないほど(笑)。でも、ビエンチャンみたいに「荒らされてない」感じがして、雰囲気は良いです。まっ、なにもないですけどね(笑)。

 

7月終わり頃にまた戻ってくる予定です(サバ友にフリクションの替えインクを持ってくるよう頼まれたし(笑))。次回こそは、ひっそりとサバナケットを楽しみたい(笑)!

その頃にはもう少し暑さがひいてくれるといいなぁ。いや、ホントに・・・。

 

 

 

【業務連絡】

そろそろ帰国しまーす。

 


nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

トンカンカム市場 [ラオスでのおしごと]


GWの終了と共に出発し、約8ヶ月ぶりにビエンチャンに来ています。

水かけ祭りも終わり、暑さのピークも過ぎてるはずなのに、今年は(も?)雨季の訪れが遅く、温度が下がる気配を感じられません。っていうか、昼間は物凄い暑さです。

 

今回は3週間強の滞在の予定なのですが、同居人がラオスに来てまして、2週間ほどビエンチャンで休暇を楽しんでいます。もちろん、わたしは仕事で来てるので、毎日8~17時までオフィスで仕事しています・・・。う・・・、世の中の不条理を感じる(涙)。

プールに行ったり、サイクリングしたりして、日増しに黒くなる同居人。滞在1週目にして遂に「Do you speak English?」とバックパッカーに尋ねられているそうです。既に日本人の風貌を脱ぎ捨て、別のエア国籍を取得したみたい(笑)。

 

平日は勝手に遊んでいてもらいますが、週末は少し家族サービスをしないと・・・(あぁ、わたしって世の中のサラリーマンお父さんの気持ちが痛いほど分かる(笑))。 ということで、ビエンチャンの北にあるトンカンカム市場へ行ってきました。通常の食料品は市内のスーパーで事足りるのですが、同居人もいるし、フルーツシーズン到来なので出かけてきました。

 

ビエンチャンの台所、トンカンカム市場(↓)。東京で言うなら築地市場。例えが大きすぎか・・・(笑)。 お昼近かったので、活気は抑え気味。

 mer04.jpg

 

野菜、果物、お肉、お魚がずらりと並んでいます。お魚セクションは朝のうちに終了。お肉を買うのはちょっとハードル高いので、わたし達は無難に野菜・果物あたりをぶーらぶら。

mer02.jpgmer03.jpg

残念ながら、ライチはあまりなく(もう1週間先かなぁ)、マンゴー、ランブータン、ドラゴンフルーツ等、南国の果物が並んでました。 市場のお姉さんに、身振り手振りで食べごろの物を選んでもらい、マンゴーとパッションフルーツとアボガドを購入。

実はパッションフルーツに目の無いワタクシ。あの酸味と、種のパリパリ感が大好きなのです♪ ジャムもパッション味がスキ。

日本のものは表面が深い赤紫ですが、ラオスのは桃色、ちなみにウガンダだと黄色でした。どこの国のパッションも割るとちゃんと黄色の果肉が出てきます。ビタミンCを取ってる~!て感じがたまらんデス。

 

同居人は何故か市場の人が野菜を入れたりするときに使う、ビニールシートで出来たカバンを探し求めていましたが、 わたしはあまり(全然?)興味が無く、市場の人たちが使う市場籠の写真を撮ってました(爆)。アド街的に言うなら、「市場籠コレクション」です(笑)。

mer05.jpgmer06.jpg

mer07.jpgmer08.jpg

mer10.jpgmer09.jpg

結構使い込んでる風ですが、一人のオジサンは一生懸命洗っていたので、大事に使っているようです。わたしも、築地市場の人が持ってる市場籠が欲しい~~~~!サザエさんみたいに買い物したいのだぁ!←謎の叫び。

 

アパートから市場までは自転車で10分くらいでしょうか。今までは行くのが面倒だと避けていましたが、やっぱり街中のスーパーでは買えない果物等を買いに行くのはいいかなぁ。 特にパッションフルーツ(笑)。

 

 


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。