So-net無料ブログ作成

3年ぶり [ウガンダでのお仕事]


3年ぶりにウガンダにきています。

海外出張に出るのも、本当に久しぶり。うちの業界で半年も日本にいると、「無職」扱いになり、査定にも大きく響くのですが、出発前の契約更改では会社の上役に「まぁ、こんな年もありますよね」と予想外の優しい言葉をかけてもらい、別の意味でヒンヤリした気持ちで出発しました。何かあるに違いない・・・・、オゾゾゾ・・・(恐)。

 

6か月間も日本にいると、色んな物のネジが飛びますね。特に出張に持って行くべきものとか、準備しなければいけないものなんかも、ちっとも思い浮かばない。そうこうするうちに、例によって別件の締切が立て込み、バタバタの出発劇でした。

父の49日法要を済ませてからと思ったのですが、例によってずさんな扱いで携帯電話をポロリとお墓の玉砂利の上に落っことしたんですね。そしたら、まさかの砂利の角で液晶が全破損!操作不能に陥ってしまったのです。これが出張2日前。

ドコモに泣きつき、代替の新携帯を手配してもらい、受け取ったのは出発当日午後で、同居人に車で空港まで送ってもらう車中で、旧携帯から必死にデータ移行ですよ(泣)。うっ車酔いが・・・・。

 

この不具合で遅れた仕事を取り戻すべく、ながーいフライト(成田→ドバイ→エンテベ)の間にも仕事してたのだけど(ワイン飲みながらですけど)、読み甘くPCをバッテリー駆動させていたら、ドバイまでの飛行機で作業は終わらず、乗り換えのドバイのラウンジでも電源確保できず、北アフリカ上空でバッテリー終了・・・。古い機体のため、座席に電源なし。

6時間の時差を僅かでも埋めたいがために、ウガンダに到着して取り合えず電源とネットを確保したいところだというのに、ホテルに予約は入っておらず、たらい回し。「コンセントとネットのある宿に連れて行ってくれればいいから!」とドライバーに行ってチェックインしたホテルには、エアコンが無く・・・・。汗びっしょりでようやく締切を終える羽目に。

 

おかげで24時間近い飛行機での移動はあっという間でした・・・(爆)。

 

さすがにこの週末は動く気にもなれず、ホテルにすっかりダウンしていたのですが、今週からアパートにお引越しなので、少しは生活も落ち着くはず。全然暑さなれしてないし、少々へばり気味ではあるけど、ウガンダの仕事がゆっくりペースなので、かろうじて何とかなっています。今週はボスも国外でいないし。

ちなみに3年前は北部の田舎町にいましたが、今回は首都・カンパラでの仕事なので、生活のタフさは若干緩和。標高が高いので気候もまずまずです。

 

katago.jpg

 

お昼に食べたウガンダ料理・KATAGO(カタゴ)。

甘くないバナナとお豆を煮た物。チリをかけて頂く。結構美味しい。

 

でも、夜は自炊するよ~~~。

日本食を段ボール1箱分もってきたからね(笑)。

 

 

 

 


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。