So-net無料ブログ作成

伊東ぶらり旅 [ちょっと休憩]


だいぶ涼しくなってきましたね~。

エアコンを付けずに良く眠れるせいか、夏の睡眠不足を取り戻すように、とにかく眠い(笑)!ソファに座ってても、すぐにウトウト・プカプカと眠ってしまいます。春眠じゃなくて秋眠暁を覚えず・・・です(爆)。

 

さて、8月末から来ていた外国からのお客さんも帰り、次の出張前にちょっと一息入れようと伊東の温泉に1泊2日で出かけてきました~。実は旅行前日は、台風18号が日本上陸で、「どうなる・・・?」と心配したのですが、無事にやり過ごす事ができました。

いつもは大抵車で出かけるのですが、たまには~という事で、スーパービュー踊り子号で伊東へ。

it06.jpg

台風一過で真っ青な空でした♪ 改札口には旅館の出迎えがずらりと並び、いかにも温泉地的な情緒がたっぷり(笑)。宿は駅から15分くらい歩いた所だったので、送迎車には乗らず、ぶらりぶらりと散歩しながら海沿いに建つ旅館へ。

 

it01.jpgit03.jpg

泊まったのはベッドとお座敷がくっついたちょっと広めお部屋で、窓から海が一面に見えました。1日ずれていたら台風で荒れた景色だったんだろうけど、翌日は空気が綺麗に澄んでいて、遠くまで見渡せました~!今年はなんだかお天気運が良いみたい♪

 

it02.jpg

it12.jpg

夜は夜景が見れて、これまた綺麗な景色でした。

 

チェックイン後、夕食まで時間があったので、ビーチや旅館周辺を散歩しました。そうそう、子供のころから馴染みのある(インプリントされてるといっても過言じゃない)「伊東に行くならハ・ト・ヤ!ハトヤに決めたっ!」のCMで有名なハトヤもありました(笑)。一度行ってみたいなぁ~。噂の海底温泉とか(笑)。

it05.jpgit04.jpg

it07.jpgit08.jpg

旅館の近くにあった東海館は古い温泉旅館で、今は週末だけ日帰り温泉施設になっているようでした。道後温泉みたいな雰囲気かなぁ~。隣にK's Houseというゲストハウスがあるのですが、外国の方が多く泊まってました。 下駄を履いてみたりして楽しそうでした。

 

旅館に戻ってライブラリールームで一休み。庭園に面して足湯があったり、池の鯉のエサがあったりして、なかなか楽しい。

it09.jpgit10.jpg

 

温泉に入った後はお楽しみの夕食です。海の幸、特に伊勢海老や金目鯛が美味しかった~♪ 日本に居て幸せなのは、やっぱりお魚が抜群に美味しい事!静岡の地酒と共に堪能しました。 温泉で体の外側から、お刺身とお酒で体の内側から「日本人の遺伝子」が嬉しくて踊りだします(笑)♪ あぁ~日本って素敵!

 

翌日も温泉→朝食→朝寝とキホン(?)をしっかり押さえ、お昼頃にチェックアウトしました。 実は今回の旅行は同居人のお誕生日も兼ねての事でした。といいつつ、わたしが一番満喫していましたが・・・(笑)。

ウナギ好きの同居人のリクエストで、伊東で鰻ランチを取る事に。ええ、去年もそうでしたが、その辺は抜かりなく、同居人が「食べログ」でウナギ屋リストを作成済み(爆)。 あまり期待せず(失礼!)に伺ったお店ですが、とーーーっても美味しく、ボリュームもあって大満足でした。

帰りは伊東の街中にある、足湯に入ったり、お手湯を楽しんだり、お湯掛け七福神でバカな写真を撮ったり(笑)、となかなか楽しい旅となりました。お天気が良くてホントに良かった~♪

 

【オマケ】

it13.jpgit14.jpg

東海館近くのお土産屋さんにいたアヒルちゃん。伊東名物「ぐり茶」と一緒にお土産として買って帰ってきました(笑)。 まつ毛の長さに自信あり(笑)。

it15.jpgit16.jpg

でも実はとっても小さいの。我が家のコレクションを上から撮ったら、みんなスゲー目つきが悪い(爆)。そして古参アヒルの黄色がくすんできた感じが・・・。

 

さて、この余韻を楽しみつつ、来週からまた出張に行ってきます~。

 

 

 

【ご参考まで】

星野リゾート アンジン: http://angine.jp/

うなぎのまとい: http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22003157/


nice!(6)  コメント(6) 

バガンぶらり旅3: 見渡す景色 [ミャンマーでのお仕事]


気づけば、もう9月ですね~。少し暑さが和らいできましたね。

わたしは、去年に引き続き、今年もまた外国からのお客さん5名+超使えないうちのアシスタント(外国人)1名の計6名を連れて、日本の西の方に国内出張しております。

一時は台風直撃かとも思ったけれど、スーパー晴れ男もしくは女がいるようで、お天気は見事に晴れ、旅は恙なく進んでおります。

 

さて、バガンのお話です。

バガンでの2日目はちょっとだけ早起きして、まだまだたーっぷり残っている遺跡をとりあえずめぐってみる事にしました。バガンに住むお友達が言うには、ここら辺の遺跡群を自転車で走っていると、頭の中に「映画・インディ・ジョーンズ」のテーマ曲が流れるらしい(笑)。

確かに広大な乾燥大地に遺跡が物凄い数で林立しているわけなので、何だか映画のセットの中にいるような気持になります。 電柱や電燈等も殆どないから、撮影には持って来いかもね~(笑)。

bgn06.jpg

馬車での遺跡めぐりも風情があって楽しそうでした♪ 

bgn07.jpgbgn08.jpg

雨後の竹の子のように建ち並ぶ仏塔の中には仏様が祭られていました。この煉瓦造りの仏塔は新旧其々で、古いものをきれいに修復しているものが殆どでした。その補修方法のせいで、世界遺産に認定されないというハナシ。

 

bgn09.jpg

仏塔めぐりの間に、金ぴかパゴダ(Shwezigon Paya)にも連れて行ってもらいました。確かに立派なのですが、やはりヤンゴンにあるシュエダゴンパゴダに比べると、迫力は今一つかな~。ぐるっと一周して、8曜日のお祈りだけでも・・・と探したけど、自分の該当する「モグラ」なのか、はたまた別の「ネズミ」なのかが判別つかず、両方お祈りしてきました(笑)。

 

 

twr01.jpg

 

午前中、たっぷり仏塔もパゴダも見たので、いささか食傷気味に。飽きっぽすぎ(笑)?

ランチの後はどこかバガンを見渡せる場所はないかと運転手さんに尋ねると、空港近くのタワーへ連れて行ってくれました。

 

突然にょっきり建つタワーはなんだか「バベルの塔」を彷彿させる。

いきなり雷とかに打たれて倒れるんじゃ・・・・的なスリルもあり(笑)。

 

ここは不思議なタワーで、2~3階から上の展望台までは、どうやら空っぽらしいのです(爆)。謎な建物。

 

 

このバベルの塔ですが、屋上に展望台があり、そこからの眺めが抜群に素敵なのです!眼下には無数の仏塔や遺跡が建ち並び、「そうそう、こういう景色が見たかった~!」と大満足。

bgn01.jpg

bgn03.jpg

 

展望台の下には360度見渡せるガラス張りのカフェがあり、結局飛行機の時間までこちらでお茶飲みながらおしゃべりして過ごしました(笑)。クーラーが効いていて気持ちよく、景色も飽きずに眺められ、もったいないような、贅沢な時間でした♪

bgn04.jpgbgn02.jpg

左上がカフェ、右上は展望台からです。展望台は窓のような遮るものはなく、風が通って気持ち良かったです。

 

bgn10.jpg

 

実は先のブログでご紹介した仲良くなったお友達が、実はこのバガンに住んでいるのです。バガンは基本的に観光を生業とした土地で、外国人が住むには大変だな~というのが率直な感想。だって、ミニスーパーも、クーラーの効いたレストランもない場所で駐在するとなると、日本人にはハードル高すぎ!

旅行後、このお友達とヤンゴンで再会するのですが、久しぶりの大都会ライフ(?)にタガが外れてしまい、飲んで・食べて・飲んでの大騒ぎで、珍しく午前様帰宅しました(笑)。その後「不良妻会」が発足したのは自然の流れ・・・(笑)。

 

l01.jpg

 

ミャンマーのお仕事はひとまず8月で終わりました。まだ色々と宿題はあるのですが・・・(笑)、暫く現地に行く機会はなさそうです。

来年、どこかのタイミングで行けるといいなぁ~。不良妻会するために(笑)。

 

←バガンで半強制的に交わされた漆のお土産。可愛いとはとても言えないのに、「つがい」で買うのが風習だ!と言われ、2つ購入。

 

 

 

 

【業務連絡】

年末の予定が何だかずれてしまい、思い切って9月下旬まで日本にいる事にしました。年内の出張はあるにはあるのだけど、ギュウギュウ詰とはならず、少しゆとりが持てそうです。

ひとまず、今やっているご接待旅行が終わったら、1泊2日の温泉にでかけま~す♪

 


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:地域