So-net無料ブログ作成
検索選択

東京駅で偶然の遭遇 [あちらこちらへ]


気づけば昨日からビエンチャンに来ています。ホッホホー(涙)。

今回も前回同様、帰国してから10日間しか日本にいれなかった・・・orz。 そして次の帰国も10日間くらいしかいられません。くーっ!自分のスケジュール管理を呪う日々です。 なんでこんなにギュウギュウしてるんだか。大人になったらゆとりある生活を送ろうと思い描いていたのに、最近飛行機に乗るたびに「蟹工船」がフラッシュバックする(爆)。ビョーキかな?

 

さて。先日、プノンペンから帰国した時のオハナシ。

いつもは難癖つけて朝便で帰るのですが、珍しく(心を入れ替えて?)バンコクからの夜行便で帰りまして、翌朝、成田空港から直接東京駅へ向かいました。ちょっとしたお使いものに「ねんりん家」のバームクーヘンを買おうと思ったのです(自分が好きだという理由で、最近のお使い物は常にコレ(笑))。

ついでに、綺麗になった東京駅をちらっと見て帰ろうと駅前にカメラを持ってふらふら~と(夜行便であまり寝られず、本当にフラフラだった(笑))。

 

tyo07.jpg

tyo08.jpg

おー!綺麗になってるね。あっちが新しいKITTEかぁ~。なんて言っていると、駅前正面が何だか物々しい。黒塗りの車に何台もの白バイ。そしてSPらしき人が行ったり来たりしているわけ。

 

誰か出てくるのかなーなんてボーっと眺めていたら、なんと天皇皇后両陛下 デシタ!

tyo01.jpg

tyo02.jpgtyo03.jpg

ギャラリーのかなりお近くまでいらしてくださって、丁寧に何度も手を振ってくださいました。わたしと同居人は偶然そこに居合わせた割に、かなりのベストポジションで両陛下を拝謁できたのです。

こんな事を言ってはなんですが、皇室オーラ出てましたねぇ~。優しい雰囲気で本当に素敵でした。一般参賀に行く知人の気持ちが何となくわかった。

以前、秋篠宮さまと飛行機がご一緒になったことがあり、その時も「ご利益ありそう~!」なんて思ったものですが、今回も「何だか幸せになれそう~!」という気がしました(笑)。

 

tyo05.jpgtyo04.jpg

この後、KITTE内のカフェで、同居人と陛下のお写真を見せ合い。二人でアイドルを激写したかのような盛り上がり(笑)。

突然のハプニングにアドレナリンが急上昇したせいか、陛下の幸せオーラに包まれたせいか、単なる寝不足か、帰りの車では都内から横浜の自宅まで思いっきり爆睡できました。いや~、なかなかない偶然に感謝した1日でした!そして黙々と運転してくれた同居人に合掌!

 

 

【業務連絡】

1か月ほどラオスに滞在で~す。

 


nice!(6)  コメント(7) 

タ・プローム: Siem Reap ぶらり旅2013 その3 [カンボジアでのおしごと]


先月末に同居人が無事に帰国しました。3週間ほどカンボジアにいて、毎日出かけたりプールに行ったりしていたので、真っ黒に日焼けして、もはや国籍不明人となって帰っていきました(笑)。

わたしのカンボジア滞在も残すところあと1週間を切りました。当初、会議調整のために来たはずなのに、当の会議は延期となり、タスクのないぼんやりとした出張でした(爆)。別の指令が会社のボスから発せられていたので、全く違う仕事ばかりしていた(笑)。

 

アンコール遺跡の中でわたしが一番好きな遺跡がタ・プローム寺院。

巨木と遺跡の融合・・・というか、植物のパワーを感じるところです。ただ、同居人にはどうにも受けが悪く、「キモチワルーイ」などと言われてしまいました。あら、ざんねん。

 

今にも歩き出しそうな大きな樹。 絵本に出てきそうな感じが何とも面白く気に入っているのです。

SR23.jpg

SR24.jpgSR25.jpg

この寺院は林の中にあって、周囲を本当に大きな樹に覆われてます。木陰がたくさんで、涼しくて過ごしやすかった。できるなら、ずーっとぼーっとしていたいくらい好きなのです。

 

SR22.jpg

残念ながら、わたし達のウルトラタイマー(元気に観光していられる残存パワー)がピコピコと赤信号を灯したため、このタ・プロームを見て2日目の観光は終了(笑)。はやっ!

 

ホテルに帰って、シャワーとエアコンからの冷気を浴びて、やっと復活しました。

やっぱりガソリンも補給しなきゃと、ホテルのバーへふらふら~っと(笑)。実は初日からバーのHappy Hourをチェックしていたのです。エヘ♡  17:00~19:00は1 buy 1 get free!という素敵な時間。日頃飲まない同居人もこの日は美味しそうに飲んでいました。

周囲の座席にも観光を終えた西洋人のオジサン・オバサン達がそれぞれグラスを掲げて乾杯中(笑)。なかなか楽しくまったりした時間でした。

 

その後、ホテル横にあるマッサージ店で足マッサージを堪能。 この時点で、何かを悟った感じ(笑)。

そうです。せっかく買った3日券も、まだ見ていない遺跡群もすっかり心から洗い流され、最終日はホテルでのーんびりし、チェックアウトから飛行機の時間までのおよそ2時間をシェムリアップの街ですごす程度の活動量となりました。結局ウルトラタイマー復活せず(笑)。

 

外国人が夜な夜な集うというパブストリート(↓)。小奇麗なカフェやレストランが多くて、ランチはここで頂きました。昼間はがらーんとしてる。

SR27.jpg

 

パブストリートの先には、オールドマーケットがあって、ここらへんも観光地なのですが、お昼時なのであまり活気がない(笑)。やはり日が暮れてからが、活動のピークみたいです。暑いときは動かず騒がずって感じかな。

SR28.jpgSR29.jpg

写真右)同居人は観光地で買ったストローハット(1ドル)が気に入って、始終かぶっていました。無精ひげも生えていたので、なんだかカールおじさんっぽい(笑)。

 

帰りの飛行機がちょっと遅れたものの、無事にプノンペンに戻りました。旅行自体は無事だったものの、プノンペンに戻ってなぜかわたしだけ食中りを起こしてダウン。なぜ~~~~(笑)

 

後日、わたし達のお供をしてくれたトゥクトゥク運転手(通称ワンタン:本名はワンターという名前なんだと思うけど、忘れちゃいそうだったので、勝手にワンタンと呼んでいた(笑))から、休み明けに電話があり、「今日は観光に行かないのか?」とお誘い(笑)。いや、もうプノンペンだから行かないよと説明すると何とも哀しそうなお返事。ごめんね、ワンタン~。

またシェムリアップにいく事があれば、ワンタンに会えるといいな(笑)。拉致を予感させるような遠回りをしたり、交差点で車にぶつかりそうになったり、暇な時はホテルの駐車整備をしていたり、謎の多い(?)運転手さんでしたが、良い出会いの思い出となりました。

 

 

 

【業務連絡】

そろそろ帰ります~。

 


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。