So-net無料ブログ作成
検索選択

アンコールトム: Siem Reap ぶらり旅2013 その2 [カンボジアでのおしごと]


シェムリアップ2日めも、朝からカンカンの良いお天気。

前日行けなかったアンコールトムと、わたしが個人的に気に入っているタ・プロームへ行くことを決心し、トゥクトゥクに乗り込みました。実はこのトゥクトゥクのお兄さん、なかなか素朴な方で面白かったのです。

アンコールトムに向かうと、前日同様道路が規制されているようで、意を決したお兄さんはトゥクトゥクを北方面へ爆走、「これどこに行く道?」ってくらい観光客を見かけない謎の道路をひた走りはじめたのです。

最初は遠回りするのかな、くらいだったけど、本当に地元の人しか見かけなくて、もしや拉致られてる?なんてちょっと思ったりもしたほど。ホールドアップでお金は諦めても、携帯だけは見逃してもらわないと帰れないな・・・なんて色んな事をぐるぐる考えてしまった(笑)。 結局、小1時間くらいのドライブ後、無事にアンコールトムの北門に到着しました(笑)。

 

SR12.jpg

 

人通りの少ない道を、ばりばり飛ばすトゥクトゥク。

通り抜ける風が心地よかった半面、心の片隅にちょっと恐怖も沸き起こった(笑)。

 

旅は常にワクワクと不安がつきもの(笑)。

 

 

 

無事にアンコールトムに到着(疑惑も晴れてホッ(笑))。とりあえずバイヨン見学からスタート。

SR13.jpg

 

テラスの上には顔・顔・顔。観光客もそれぞれ、色んなポーズをとって写真撮影していました。衣装を着た子供達と写真が撮れるサービスもあって、その場にいたときは恥ずかしい!なんて思ったけど、今となっては撮ってもらえばよかったな~なんて思います(笑)。

SR16.jpgSR17.jpg

 

バイヨンの後は隣にあるバプーオン寺院へ。インドネシアのボロブドゥールに雰囲気が似ていました。

SR21.jpg

SR19.jpgSR20.jpg

バプーオンへつながる空中参道は両側に池を携えて完璧なシンメトリー。通ると、ちょっと花道みたい。

この頃が丁度お昼時で、マックスに暑く屋根のある風通しの良い回廊に座ってずーっとおしゃべりしていました(笑)。まっ、わたし達の観光欲なんてこんなもんです(笑)。地元の人は木陰でピクニックや昼寝を楽しんでいて、気持ち良さそうでしたね〜。

 

この後、ライ王のテラスやゾウのテラスをみつつ、アンコールトムでやっていたローカルフェアに行きました。というのも、横浜の家の近所に住むお友達Aさんが、別件のお仕事でたまたまシェムリアップに来ていて、このフェアで地産品を売っているというのです。

Aさんには日本では全然会わないのに、変な所でホントに良く会います(バンコクのスパとかでも以前遭遇したことがある(笑))。祝日に仕事とはいえ、大変だね〜。と冷やかしに行ったのですが、タイミング悪く会えずじまいとなりました。残念〜(笑)。

 

この後、わたしの好きなタ・プロームへ行くのですが、また次回に続けることにします〜。

 

 


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

アンコールワット: Siem Reap ぶらり旅2013 その1 [カンボジアでのおしごと]


ヒトの記憶っていい加減だなぁ。というか、自分の記憶ってすごくいい加減だなぁ~!と思ってます。

この記事を書くにあたり、前回シェムリアップへ行ったのって2007年くらいだったよねぇ。と思い、自分のブログを探すもちっとも記事が出てこない。んーんー、と記事をなぞるも、全くヒットしない。仕方なく検索かけたら、2009年でした(爆)!

あれからだいぶん経ったと思ったのに、まだ4年くらいなのにちょっと驚きです(笑)。

 

さてクメール正月まっただ中(おそらく元旦にあたる日かな)、シェムリアップへ2泊3日の旅行に行ってきました。

SR30.jpg

前回は個人ツアーを組んだのですが、気ままな方がいいという事で飛行機とホテルだけ取りました。

すべては現地で考えようと、いつものぶらり旅の始まりです。

 

カンボジア・アンコール航空 プノンペンから40分のフライトです。

 

 

飛行機は予定通り、お昼前にシェムリアップに到着。ホテルの部屋が準備出来るまで、ランチでもと街に行くことにしたのですが、すっごーい暑さで(なんか痛い!て感じ)、あまり遠くまで行けず、ホテルの近くのレストランに日陰を求めて飛び込みました(笑)。お正月だからかお昼時だからか、お店も何となく閉まってました。

ビールとランチセットをつつきながら、午後のアンコール遺跡への観光に思いをはせるも、暑さにビビり、あまり計画がすすまない(笑)。

 

ホテルは繁華街のちょっと北側。びっくりするくらいお安い割に、なかなかの施設とサービスでした。お部屋はプールサイドで、ちょっとヴィラ風でした(ちょっとね、ちょっと(笑))。同居人は度々プールに行っては身体を冷やしていました。わたしは水着忘れで部屋に引きこもり。

SR01.jpgSR26.jpg

 

エアコンとの別離を決意し、トゥクトゥクをチャーターしてひとまずアンコールワットへ!

SR11.jpg

残念ながら第一回廊の正面は修復中で緑の覆いが・・・。おまけに乾季でお水がなく、逆さアンコールワットも見れずでした。

SR03.jpg

前回は登れなかった第三回廊は、人数規制があるものの今回はオッケー!やったー!ただし、帽子はとらなきゃいけないし、肌の露出多い人は入れません。単なる遺跡というだけでなく、やはり宗教的に大切な場所なんですね。

 

SR07.jpgSR06.jpg

SR05.jpg

SR10.jpgSR09.jpg

日陰で息つぎ(?)しながら、回廊をぐるりと回ります。デバターや仏像、壁面の彫刻は見る角度が変われば、表情も変わる、なんとも不思議な場所です。人目につかない場所でひっそりとほほ笑むデバターはなかなかステキでした。

 

SR04.jpg

 

この回廊、とーっても急な階段の上にあって、上るのも大変だったけど、下りるのも結構こわかったです。

某隣国のオバサンは果敢にもわたしの背中を押して、わきに押しのけ下りて行きました。コンニャロー!

わたしが日本語で悪態をついてた横で、そんな雑音も聞こえず、かなり真剣な顔をして高所恐怖症の同居人は下りていました(笑)。

 

 

実はこの日、できれば、アンコールトムへも行きたかったのですが、お正月の催しもののせいでなぜか通行規制されていて、「アンコールトムへ行きたくば、ワットから歩け!」とのこと。い、いや、片道3キロくらいあるから、無理です・・・。

3時間ほどの炎天下での放浪(?)を終え、そそくさとシェムリアップの街へ帰りました。このままでは根性がなえて、2日目も観光に行かなくなる可能性が高いため、トゥクトゥクのドライバーと翌朝9時の待ち合わせを交わし、この日の観光は終了。

 

夜はぶらぶらと何も考えずに出たら、ホテルの近くでアプサラダンスのショーを見ながらご飯が食べれるというレストランを見つけ、試しに入りました。ダンスも綺麗だったし、ブッフェもまぁまぁだったのですが、巨大体育館のようなオープンエアなお店で暑くて暑くて、飲んだビールがすぐさま汗にかわってしまい、早々にホテルに戻ってしまいました(笑)。

 

シェムリアップのシーズンってやっぱり10月過ぎデスネ。

 

つづく


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

新しいアパート [カンボジアでのおしごと]


プノンペンに来て、そろそろ2週間というところになりました。同居人も数日遅れて無事に到着しました。

プロジェクトのリーダーから、早く来て!と言われ、ビエンチャンを早々に後にしたにもかかわらず、こちらでのスケジュールがすっかり後ろ倒しで、思いっきり肩すかしを食らっています(笑)。

 

プノンペンでの生活ですが、実は今回大きく変化しました。

い つもは、セントラルマーケット近くのひっそりとした小さなサービスアパートで下町気分を味わいつつ暮らしているのです。近くにスーパーがあるし、ローカル のサンドイッチや中華レストラン等、地元情緒あふれる生活に埋没しているわけです。おまけに、アパートのコストパフォーマンスもかなり良いのもお気に入 り!

ところが、今回は残念ながら空きがなく、更に同居人が初めてカンボジアに来ることもあり、別のサービスアパートにトライすることになりました。

 

PP02.jpgPP03.jpg

大きな中庭を挟んで2棟並んで立つアパートは、ちょっと古いのだけど、お部屋も広く、天井も高く、無駄に大きなベランダもあり、なかなかの住み心地です♪ そ、そりゃ、いつもの定宿の倍のお値段だしね・・・。おこずかい激減っすよ (-_-;  

中庭にある樹は本当に大きくて、来て早々は鬱蒼とした感じがちょっと不気味でした(笑)。おかげでお向かいのお部屋との遮りになるからプライバシーは保たれています。でもね、明け方にすごーく大きな声で鳴く鳥が住んでて、毎朝5時に起こされます。いつか焼き鳥にしてやる~と明け方寝ぼけながら思うのです(爆)。

 

そ して最大の利点は立地がかなり良いこと!実はボンケンコン地区と呼ばれるプノンペンの中でも外国人の賑わう界隈の近くなので、ちょっと歩けば食事のバラエ ティが豊富なんです。小奇麗なカフェや、洋食、和食、アジア料理などなど、気軽なお店から高級店まで揃っています。先日はオイスターバーに生ガキ食べに 行ってしまったほど。

近くに広々した公園もあって、同居人と週に何度か夕方ウォーキングに出ています。ウォーキングに出て、お気に入りの屋台で揚げパン食べてるあたり、かなりダメですけど・・・(笑)。 

 

PP01.jpg

アパートのゲートには大きなブーゲンビリア。今が見ごろです♪ 

 

生活レベルはかなり向上したのですが、仕事面では今回会社のボスと出張が重なってしまったため、毎日がすごく面倒くさい・・・です(爆)。わが上司ながら、コノヒト、いつの間に、こんなに面倒くさいキャラクターっていうか、おしゃべりになったんだろうって思う(笑)。

毎日毎日とにかく良くしゃべるんですよね。もう、仕事が進まないー!うきーっ(叫)!

 

そんなストレスからもしばし解放です。カンボジアは13日~17日までクメール正月で5連休!やったー! なんか前回来た時も大型連休があったような・・・。いや、意図してないですけどね(笑)。

初カンボジアの同居人と共にアンコール遺跡を見に行ってきます。そのお話はまた後ほど~!

 

 


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。