So-net無料ブログ作成

PC暴走中 [ミャンマーでのお仕事]


早いもので11月ももう終わりですね。

 

うちの会社は3年に1度、パソコンの買い替えができます。わたしも丁度年末で3年経つので、該当者となったわけですが、昨今のWindows8の発売に伴い、Windows7機種の早めの買い替えが促されました。

えー、ヤンゴンにいるのになぁ・・・。なんて思いつつ、遅ーいネットにジリジリしながら、PanasonicのHPを覗いてみると「10%ディスカウント」が1週間だけやっている!貧乏性につられ、あまり深く考えずポチリとやってしまいました(爆)。

今回はSSDのハードディスクにメモリを16MB積んでパワーアップです♪

 

ここ数年、PanasonicのLets Noteを使っているのですが、とにかく丈夫でバッテリーの駆動時間が長いのが気に入っていて、 今回もまた同機種を選択しました。唯一の難点は、いかにもサラリーマン然とした見た目かなぁ・・・。ちょっとオッサン臭いよね(笑)。

 

ところが、この新しい機種を買ったころから、今使っているPCの動作がおかしくなってきたのです。パナソニックもついにSonyTimer導入か(笑)?

今まで一度も出た事の無かった「ブルースクリーン」が出るようになり、その後Windowsが落ち、強制再起動!っあぁぁぁ~、データが飛んだぁ~!というわたしの悲痛(←かなりマジ)な叫びがオフィスをこだましております・・・。

PCあっての仕事なので、こういう状況はかなり滝汗。Windowsが落ちる度に心臓がバクバクバクバクバクバク・・・・。あぁ体に悪い。

 

慌ててHDの空き容量を増やしたりし、ディスクエラーチェックを回し、メモリーエラーチェックを試し、デフラグもやって・・・・。でも全然改善されないの(涙)。ちなみに一番場所を食っていたのはiTunesで100GB超えでした(オイオイ!)。

確かに、今回のプロジェクトで扱うデータ量が多いのは若干気になっているところ。でも、それはあくまでメモリの問題だろうし・・・。なんでこんなに青くなっちゃうのかなぁと、毎日ビクビクです。

 

タイミング良く、先日注文したPCが自宅に到着。それを届けるためじゃないかと思うほど、来週我が家の同居人がミャンマーに遊びに来ると言うので、新PCを背負って来い~!と平身低頭でお願い(笑)。あと1週間、この暴走PCがおとなしくしてくれる事を願うばかりです。

 

Y04.jpg

ゴチャゴチャしたダウンタウン(↑)。色んな物が売っているけど、買いたいものは実はあんまりない(爆)。もちろん代用できるPCを見つけるのは至難の業となるでしょう~(笑)。


nice!(7)  コメント(5) 

ヤンゴンから現況報告 [ミャンマーでのお仕事]


ヤンゴンに来てもうすぐ20日間になります。

 

着いて早々仕事が忙しく、生活に慣れるのにも時間がかかったせいか、先週末からまんまと風邪をひきまして、毎日家に帰るとぐったりしています。熱はないものの、鼻風邪&咳にみまわれ「休みたい!」気持ちはマックスなのですが、打合せやらプレゼンやらが続き、結局今週は一度も休めず・・・。

ついに本日、貧血を起こしてお化粧室に立て篭もる(?)羽目に・・・。気合でその後のプレゼンは乗り越えましたが、玉の汗をダラダラ流しながらオフィスを歩いていたら、みんなから「ゾンビが歩いてる?」的な目で見られました。このプロ根性をほめたたえる奴はいないのか~!ウガー(叫)!

というわけで、ちょっとだけ現況報告をして、今日は寝ようかと思ってます(笑)。

 

今回はオフィスの近くのサービスアパートが運よく借りられたので、そちらに投宿中です。ダウンタウンの北にあって、オフィスまでも歩いて10~15分くらいです。なので日傘をさしながら毎日徒歩通勤です。

先週から本格的な乾季になったようで、雨も殆ど降らず、意外とからりとしています・・・が、暑いです!ローカルの人から言わせると、今は「冬」なんだそうですが、いや~とにかく暑いっ!

Y10.jpg

右が街のシンボル・スーレパゴダ。うちのオフィスも、この近所です。 第一印象は「意外と近代的!」でした。(夕方に撮ったのでちと暗いです)

 

ヤンゴンの人はあんまりすれてなくて、とーっても純朴(そして驚くべき信心深さ)。外国人に対して嘘をついたり、ぼったりする事は殆どないそうです。わたしは帰りがけに良く露店で果物を買うのだけど、良い品をちゃんと選んでくれて、正当な値段で売ってくれます。他のアジアでは、お買い物するたびに値切らなければいけないのが面倒でスーパーマーケットに駆け込んでいたけど、ヤンゴンでは逆ですね~。

Y13.jpg

夕方になると露店が軒を連ねます。これが結構面白い♪

ヤンゴンはかつて、どのアジアの国にもあった混沌とした街並みが未だに色濃く残っているところだと思います。人が多くて、雑然としていて、とにかくゴチャゴチャしてるのです。これがとっても面白いし、魅力的♪ 

これから外国人や外国資本が一気に流れ込んでくるのだと思うけど、どういう風に変化していくのか楽しみでもあり、ちょっと不安でもあります。個人的には、一辺倒の街並みになって欲しくないな~。そりゃ、ラテは恋しいけれど、街並みや文化を考えると、マクドナルドやスタバは絶対いらない!と思っちゃうのです(笑)。

Y08.jpg

 

恒例のお部屋からの1枚(左)。右はリビングの様子です。ふるーい建物だけど、綺麗にメインテナンスされていて快適です。何より街に近いのが魅力的!

Y14.jpgY02.jpg

高い建物はまだあんまりなくて、イギリス統治下に建てられたと思われる古い佇まいの建物が多いです。パゴダがあったり、ヒンズー教の寺院があったり、モスクがあったり、ダウンタウンの混在ぶりは目を見張ります。 ご近所にあるアウンサン市場に行った話や、街中のブラブラ話など追々アップしていきま~す。

 

 

【オマケ】

Y1.jpg

 

ヤンゴンはミカンの季節のようで、良く出ています。

ただ、ものすごーく小粒なの!鏡餅に乗せたらぴったりなサイズ。

可愛らしくて、オフィスのオヤツとして良く買っています。甘くて美味しいです~♪

 

 

1キロ=1,000チャット(100円くらい)。2日に1度は買ってるかな。貴重なビタミン源です(笑)。


nice!(7)  コメント(6) 

EUぶらり旅20:ホテルとオマケ [あちらこちらへ]


週末にチームの方々と一緒にゴルフに行ってきました。ナント!約100年前の1909年に整備されたYangon Golf Clubという由緒正しきゴルフコースをまわりました。歴史を感じさせるゴルフクラブはなかなかの佇まい。

暑かったけど、風があって、比較的ラウンドしやすかったせいか、念願のベストスコアを叩き出せました~♪ イエイ!

 

 *  *  *

長々と綴ってきたEUぶらり旅の最後に備忘録として宿泊したホテルを載せていこうかと思います。

 

Hôtel Le Relais Saint Charles / Paris (2泊)

htl01.jpg

 

数あるパリのホテルから選ぶのは至難の業で、半ば適当な気持ちにでエッフェル塔まで歩ける手ごろな値段のホテルをとりました。

予想外に便利な場所で、近くにビストロやカフェも多く、地下鉄駅にも近くて重宝しました。

内装の趣味も良く、落ち着いたミニホテルです。

 

ただし~、お部屋が恐ろしく狭い!

大きなスーツケースを広げると、ドアが開かないという狭さは、ちょっと面倒だったかな。

 

 

 

 

Suites Avenue / Barcelona (6泊)

この旅行でもっとの長い滞在だったので、サービスアパートメントにしました。

一見すると、すごい外装なのですが(別名たたみいわし)、なんとなーくグラシア通りになじんでいます。運よく大通り側の部屋をアサインされたので、夜にはライトアップするカサミラが見れました。贅沢なお部屋でしたねー。

htl04.jpg

htl02.jpghtl03.jpg

htl08.jpghtl07.jpg

日本人建築家の伊藤豊雄氏のデザインで、内装もスタイリッシュでした。屋上にはプールがあり、バルセロナが一望できます。キッチンがあるので、簡単なお料理をしたり、お惣菜とワインを買ってきて楽しんだりできました。また洗濯機の存在は長旅にはありがたかったです。

アクセスが良いので、もし次回も機会があれば、ここに泊りたいなぁと思ってます。

 

Hotel Rössli / Interlarken (4泊)

インターラーケンではインターラーケンウエスト駅の近くのB&Bにお世話になりました。こちらは家族経営のアットホームなところで、レセプションでユングフラウ鉄道のチケットを販売(発券)してくれるので、これは本当に便利でした(手数料無し)。お部屋代もインターラーケンにしては、とてもお手頃で助かりました♪

ご主人がとにかく親切で、ユングフラウへのタイミングや他の観光地等を色々と教えてくれます。お部屋も狭くなく、朝食も美味しいので(コールド・ブレックファストですが)、毎日食べすぎるほどでした(笑)。お部屋の写真を撮り忘れたのが残念・・・orz。

 

Hotel Europa Style / Frankflut (2泊)

お部屋の予約をとった際、他の方のレビューで「ここはインドか?という印象を受ける」とあったとおり、スタッフがほぼインド系の方々でした(笑)。中央駅の近くで、エスニックなエリアでしたが、治安的には全く問題なしでした。

H01.jpgH02.jpg

というか、このホテルが一番コストパフォーマンスが良かった!お部屋も綺麗で、ネット完備、朝食付き、ミニバー飲み放題!もうね、貧乏性なので、ミニバー飲み放題ってだけで得した感があります(わたしの星の数はMAXですよ(笑))。

帰国前に預けた荷物を取りに行った時も、レセプションで飲み物を出してくれたり、とにかく至れり尽くせり。小さいホテルなのですが、気持ち良く過ごせました。 ドイツで何故かアジアのホスピタリティを感じたホテルでした(笑)。

 

【オマケ その1】

先のブログにも書きましたが、今回の旅行ではそんなにお土産は買いませんでした。移動の際に面倒なのと、最近たいていのものは日本で買えるからです(笑)。

といいつつ、バルセロナではアパートの裏にあったSargadelosのお店で大皿を買ってました(爆)。移動時は割れないように、常に同居人の鞄に入れて運ばれていました(ごくろうさまでした(笑))。 そしてチュロスとホットチョコレートを頂いたCacao Sampakaではチョコペーストを購入(nutellaとはちょっと違う美味しさでした♪)。

S03.jpgS01.jpg

1年の半分はビルケンシュトックを履いてるといても過言ではないワタクシ。フランクフルトでは、お約束の大人買い(笑)。二人で4足ほど買ってきました。東京で買う値段の半額とあれば、やはり買ってしまいます。

そして、列車に乗った時、隣の女性がさりげなく鞄からフルーツを取り出して食べていたのが、すごーく印象的で、彼女と似たようなフード・コンテナを購入。どうやらサンドイッチケースだそうです。実際、帰国後にはおにぎりが詰められてますが(爆)。

S02.jpgS04.jpg

 

【オマケ その2】

以前ご紹介したわたしのコレクションに異物混入・・・?

D01.jpgD02.jpg

ビミョーに違う形・・・。ビミョーに可愛くない顔・・・(爆)。そして、ビミョーに高かったお値段(なんと5ユーロ!)。

D04.jpgD03.jpg

スイスのシルトホルン展望台にいて、思わず買ってしまいました(笑)。おそらく世界一高い所で売られているダックなんじゃないかと思います(笑)。

こうやってみると、どこに行ったのか分からないお土産だなぁ~(笑)。

 

さて、以上でEUぶらり旅は終わりです。旅行って一度行くと、すぐにまた別の所に行きたくなります。自分の中のスナフキンの血(?)が騒ぐんですかね~。いつも海外で仕事しているけど、旅って全く別物だと思います。

今回のような長い旅行にはなかなか出られないのが現実だけど、また機会を見て、お金を貯めて、国外をぶらぶら出来たらいいなと思います。さっ、仕事ガンバロー!

 

 

 

【ご参考まで】

Sargadelos:http://www.sargadelos.com/?lg=ing


nice!(7)  コメント(6) 

EUぶらり旅19:フランクフルト 街中散策 [あちらこちらへ]


カンボジアから帰国後、10日間の濃いぃ~日本滞在を終え、アジアで最もホットな国・ミャンマーに来ています♪

週明けにヤンゴン入りしたのですが、今が最も涼しい乾季だと思っていたのに、ものすごい蒸し暑さ&スコールに少々驚いております。体が慣れるまで少し時間がかかりそうです。

クリスマス前までこちらにいるので、ミャンマーの事を追々アップしていきたいと思ってます。乞うご期待(笑)。

 

 *  *  *

 

長かったEUぶらり旅も大詰め。最後の出国前にフランクフルトの街中を散策しました。

フランクフルトはトランジットで何度か来た事があったのですが、真面目に(?)散策するのは実は初めて。中央駅近くのホテルから、特に目的も無く中心街へお散歩です。

 

今回は旅程も長く、移動も多かったので、途中ではあまりお土産を買いませんでした。なので、最後にフランクフルトで少しお買いものを!と、お土産物屋さんをひやかしつつ、街中をウーロウロ。 なぜか、中国人向け(?)のお土産屋さんが異常に多く、もちろん例外にたがわず中国人に間違えられ、中国語でしつこく物を迫られる・・・(涙)。

F01.jpg

最終日はあいにくの曇天。時々雨も降ったりして、レーマー広場もちょっとくすんだ感じです。

 

F04.jpgF07.jpg

後から気づいたゲーテの家と大聖堂(↑) 。歩いている時は、風景の1つにしか見えてなくて、今から思うとなんだかちょっともったいない気がします(笑)。たぶんゴール(帰国)直前の飽和状態だったのかも。旅行もあんまり長いと集中力が失せますね(笑)。

 

ランチは街中のカフェで、先日に食べて感動したリップフェンという肉料理を再度頂きました(もちろん生ビールと共に)。この他にも、ポークナックルを頼み、肉々しいランチとなりました(笑)。

F03.jpgF02.jpg

 

フランクフルトを改めて見て回ると、その印象は何となく「地味」・・・。オイオイ。 EUの中央銀行があったりするから、ここってやっぱりビジネス中心の街なんですね~。観光客も数が少ないし、何となくみんな忙しそう。

F05.jpg

 

お買い物を終え、そろそろ空港へ向かう時間になって、少し青空がのぞきました。

彷徨い歩いた末に、アルテ・オペラまで到着しました。この日はちょうど催し物をやっていて、バンドが出ていたり、出店があったりと、ちょっとしたお祭り雰囲気。最後の最後に生ビールをキュっとやろう!と二人で立ち飲み。日ごろお酒を飲まない同居人も、この旅行ではわたしに釣られて良く飲んでいました。ちょっとビックリ。

F08.jpgF09.jpg

ほろ酔い気分でホテルに立ち寄り、荷物をピックアップして列車で空港へ。

最後の最後まで悩んでいたスーツケースとおそろいのビューティーケースをと買いそびれ、残っていたユーロを握りしめ、空港でフランケン(白ワイン)を買おうとしたら、レジの故障で買えず、お買いもの運にはちょっと恵まれなかったなぁ~(笑)。

 

帰りの飛行機では、さすがに疲れたのか、ぐっすり眠り、定刻通り成田に到着となりました。成田の某ホテルに預けてあった車には2週間半にわたる時間の経過(落ち葉がどっさり)が見られ、一気に現実に戻ったのでした(笑)。

これで長かった旅の記録は終わりです。最後にもう1つ、旅の備忘録を載せて、この旅行記を終えたいと思いま~す。

 


nice!(6)  コメント(5)