So-net無料ブログ作成

EUぶらり旅12:バルセロナ カサミラ [あちらこちらへ]


残暑厳しいですね~。

このところ、忙しくてオフィスにちょいちょい通っているのですが、暑くてかなワーン!ここ数年使っていなかったけど、久しぶりに日傘を持って歩いてます。それでも汗が止まりません(爆)。

涼しかったヨーロッパに思いを馳せながら、ちゃっちゃと進めないと、秋になってしまいますね。

 

 *  *  *

バルセロナの最終日にやーっと最もご近所にあったカサ・ミラに行きました。このアパートもガウディが設計した、”うんにょり”とうねった建物です。アパートから目と鼻の先にあって、「いつでも行けるから」と思っていたらついつい最終日に(笑)。

mir09.jpg

1階の一部がショップになってました。最上階と屋根裏、屋上が観光客に開放されているものの、他のお部屋にはもちろん人が住んでいて、カサ・バトリョ同様、何ともうらやましい建物でした。

 

mir06.jpgmir05.jpg

まず最初に屋上に登り、屋根裏部屋→最上階のお部屋という順序で回ります。屋上にはソフトクリームのようなオブジェや、ガウディ特有デザインの煙突がポコポコと点在しています。建物の真ん中をくりぬいたような中庭もすごいのですが、バトリョ邸のようにじっくり見れないのが残念。

右上の写真は屋根裏部屋で、ガウディの美術館になっていました。デザインのモチーフや、ガウディ作品の説明など、なかなか興味深いです。とくに平面図は、設計図というより、なにか絵画のようでした。

 

mir04.jpgmir03.jpg

最上階のお部屋はバトリョ邸と比べるとシンプルですが、家具があるので部屋のスケール感がつかみやすかったです。ガウディデザインの椅子もありました(レプリカがショップで売っていた)。欲しいなぁ~。二人で内緒話ができそうな椅子ですよね。

 

mir01.jpgmir10.jpg

アパートの住人用のエントランスは、本当にカッコいい!天井はカラフルな色合いで、シャガールの絵のようでした。家に戻ってこんなエントランスだったら気分も揚がるんだろうなぁ。

最後にショップで少しお買いものして、バルセロナでのガウディ巡りは終了。次回はサンパウ病院なんかも見てみたいな。そして、もう一度サグラダ・ファミリアに行きたい~!

 

そうそう。バルセロナ最終日は、カサ・ミラ見学だけではなく、今まで気になっていたけどやっていなかったバルセロナ名物(?)の朝食もトライしてみました。

それは・・・、「チュロス&チョコラーテ(ホットチョコレート)」! 
この暑さで考えるとげっそりする組み合わせ・・・(爆)。

いや、暑くなくてもあんまりそそられない朝食メニューなんだけど、甘いもの好きの同居人が試してみたいというので、お店を探すと、アパートのご近所に「チョコレート専門店」がある事が判明したので行ってきました。

 

kksmpk02.jpgkksmpk01.jpg

Cacao Sampaka:後々調べたら東京にもあったよ・・・orz。

早速チュロスとチョコラーテを注文。チュロスは小さめでシンプルなお味。チュロス自体は甘くなくて、お砂糖の甘さがメインかな。ホットチョコレートも全然甘くなてく、シナモンやスパイスが入っているのでちょっとピリっとしていてスパイシーです。そして、びっくりするくらい濃厚!飲み物じゃないみたい・・・!

チュロスをホットチョコレートに浸して頂くのが本来の食べ方というので、バルセロナ市民を真似てやってみると案外いける!いける!いける!ただし、3口までなら・・・(爆)。それ以上はちょっときつい(笑)。

 

なんだろ、この朝食の後はものすごーく渋いお煎茶が飲みたくなる(出来ればしば漬けとかも一緒に(笑))。

 

ch.jpg

 

ちなみに、グラナダに行った時もチュロス&チョコラーテを試そうとしたら、入ったバルにはホットチョコレートしかなく・・・。

出てきたのが、コレ(←)。

まさかのホットミルクとパウダー(爆)!

なんか懐かしい~!と思ったら、子供の頃良く飲んだ「ミロ」でした(笑)。こちらの方が飲み物としては飲みやすい(笑)。

 

のんびりできたバルセロナの話はこれで終わりです。またすぐ再訪したいなと思わせる素敵な街でした。

次はスイスのお話に移りま~す。

 

 

【ご参考まで】

Cacao Sampaka:http://www.cacaosampaka.jp/

 

 


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

EUぶらり旅11:グラナダ パルタル庭園 [あちらこちらへ]


約2年ぶりに携帯電話を機種変更しました。

初代Xperiaから最新機種のXperia GXへ変えたのですが、早いですね~!本体のスペックも良くなったし、回線がFomaからXiに替ったのもちょっとは影響しているのかな。そして画面が大きく美しくなりました♪

SIMロックをDocomoで外してもらって、出張先でも使えるようにするつもりです。楽しみ♪

 

 *  *  *

グラナダのお話もこれで終わりです。

ナスル宮殿を出ると、緑のお庭(パルタル庭園)とグラナダの景色が一望出来てとても気持ち良かったので写真を幾つか紹介します。宮殿の中に居る時から、ちらほら眺めていた景色。まるで窓の後ろにタペストリーでも飾ってあるかのような風景なのです。

al13.jpg 

グラナダの丘の中腹に建つ建物はどれも白くて、絵画的な景色でした。乾燥した土の色と、太陽をいっぱい浴びた濃い緑と白壁は何とも言えない組み合わせ。当時はどんな景色だったのかなぁ。

 

al19.jpg

パルタル庭園は水と緑が絶妙に配置されていて、見た目ちょっと涼しげ。 といっても、あくまで見た目ね、見た目。この日も本当に暑かった!ただ、東京の暑さとは湿度が違うので、木陰に入ると人心地つけて汗もひきます。

 

al14.jpgal17.jpg

al18.jpg

 

アルハンブラ宮殿内はお店とかが殆ど無く、その代わりに充実しているのが自動販売機!お手洗い等がある休憩所に幾つか設置されているのだけど、飲み物だけでなく、ちょっとした食べ物(サンドイッチとか、リンゴとか)まであるので、ちょっとびっくりします。

リンゴがスライスされて袋詰めになっていたので、自販機で買ってみると、程よい酸味と水気で美味しかった~♪ こういうの日本にもあるといいのになぁ~。

 

実はのんびりし過ぎて(例によってマイペースで動き回っていて)、気がつけば良い時間になってしまい、実はここでグラナダ観光も(まさかの)終了・・・(爆)!

al20.jpg

お庭から見えるのがヘネラリーフェには、行けず・・・。あの有名なお庭も見れず・・・。もちろんアルバイシン(白壁の街並み)へも行けず・・・。なにやっとんのじゃー!

次回への持ち越しとなりました(笑)。

 

そうそう、アルハンブラ宮殿内にあるパラドール(古城や古い建物を活用したスペイン国営のホテル)があるので、次回はそちらに1泊してグラナダを楽しむのも良いのかもしれません。

 

al21.jpg

 

帰りはバスでグラナダ市内まで降り、身振り手振りと下手なスペイン語で空港行きのバス停を探すも、丁度良い時間のバスが全く無いという事態に遭遇。

空港バスの時間を調べていなかった・・・。

仕方なく、ここでもタクシー利用。

何だか結構お高い日帰り旅行となってしまいました(笑)。

 

 

ちなみバルセロナの空港から市内へ電車で行くと、地下鉄券1枚で行く事ができ、とってもお得です。ただし、乗り換え・乗り継ぎがとっても面倒なので、荷物を持ってるとつらいです・・・。

 

 


nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

EUぶらり旅10:グラナダ アルハンブラ宮殿 [あちらこちらへ]

 
バンコクでちょっとだけ息抜きして、帰ってきました。

スワンナプーム空港がもの凄い混んでて閉口しました。2時間前には行ったのですが、入国審査が終わったら既に「ファイナルコール」。久しぶりに冷や汗でしたね〜。

それにしても、日本はあっづいぃ(汗)!

 

 *  *  *

アルハンブラ宮殿はグラナダを見渡す丘の上にある城塞です。入場券が「午前」と「午後」に分かれている上、見どころの「ナスル宮殿」は30分毎のスケジュールでチケットが販売されているのです。わたし達の取ったチケットは「午後(14:00~)」のチケットで、かつ14:00~14:30までにナスル宮殿に入らないといけないもの。

とりあえず、午後のチケット開場と共にナスル宮殿に向かいました。ゲートから宮殿入口までは結構離れていて、シャカシャカと歩きながら宮殿に滑り込む。こういう時間制限がすごーくニガテ(笑)。

 

なんとか無事にナスル宮殿に到着。入口から徐々に細密になって行く彫刻群にしばし唖然とします。

al03.jpg

 

宮殿の内部に行くほど、建物の彫刻が細密になっていきます。壁・柱・天井、どこもかしこも細かい彫刻が施されていて、圧巻の景色なんですが、うまく写真に撮りきれないのがもどかしい!

al01.jpgal04.jpg

al05.jpgal10.jpg

al02.jpgal11.jpg

床に寝転がって、ずーっと観ていられたらシアワセだろうなぁ〜と。きっと飽きないで楽しめる、景色が溢れているような場所でした。

al07.jpg

al12.jpgal09.jpg

 

ただ・・・。 

 

al08.jpg

 ライオンの中庭はまさかの修復中!

 

 ...orz....ショック〜!

 

見たかったなぁ~(涙)。

 

 

中庭の真ん中に鎮座するライオン。この水鉢を支えるライオンさん達は修復のため檻のようなフレームに囲まれとっても窮屈そう。そして、この中庭をぐるりと巡る124本の柱廊も一部を除いて修復中・・・。

この柱廊、以前から写真集や教科書で見ていたので、実物を見るのがとっても楽しみだったのですが、ちょっぴり残念です。

al06.jpg

 

イスラム諸国への出張はお酒が飲めなかったり、豚肉食べれなかったりするので苦手だけど(笑)、イスラム文化って独特で美しいなぁ〜と思います。その文化がスペインの真ん中に残っているというのが本当に面白い。

もちろん歴史を紐解けば至極当然の事なんだろうけど、文化の地層を感じたような気がしました。

 

いつか、修復が終わった完成された姿をもう一度見てみたいなぁ。

 

 

【ご参考まで】

アルハンブラ宮殿のHP(ここからチケット予約できます):http://www.alhambradegranada.org/en/

 

 


nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。