So-net無料ブログ作成
検索選択

生活準備 [ベトナムでのお仕事]


ハノイに着いて早2週間が経ちました。なんだか結構あっという間です。

ここのところ、ようやく温かくなって(というか、逆にちょっと蒸し暑くなってきて)、少しずつ外に出ようかなという気になってきました。ついこの間まで暖房入れていたのが嘘のよう。

 

湖沿いのホテルからオフィスの対面にあるアパートに引っ越し、ようやく生活が落ち着いてきました。

今回は3か月の滞在なので、消耗品(シャンプーとか)は当面しのげるだけ(1~2週間分)しか持ってきて無くて、細々としたものを買いそろえないといけなくなってきました。おまけに、恒例の忘れ物も多く、お買い物リストは増える一方。

とはいっても、残念ながらオフィスアワーが平日5日+土曜日の午前中という、週休1日半の悪夢のパターン(涙)。なので、外出しようにも、そうそう時間がありません。 土曜日は朝からお昼まで仕事して、近所の和食屋さんでビール&定食を平らげて帰ったら、午後はかなり面倒になる・・・(オッサンか?)。

 

こうなったら効率重視だ!と、一か所で用事を済ませようと、ハノイにあるショッピングセンターをピンポイントで狙うも、なかなかうまく行きませーん(涙)。インドネシアでは幾つもあったダイソーも、ハノイだと結構辺鄙なとこにあったりして微妙に不便。 菜箸とか洗濯ネットなんかはダイソー頼みになっちゃうんですよね。ちなみに1品4万ドン(2ドル)です。ちょっと高いね。

hnps01.jpg

 

先週はこれまた街から外れたトコにあるParksonというショッピングセンターへ行ってきました。

日本にあるデパート風なお店で、目的の物は一応買えたのですが、帰り道が帰宅困難者に・・・。

 

小雨が降っていたのもあるんだけど、タクシーが全然通らない!

 

セキュリティのお兄さんに「バイクタクシーしかないね。」と身振り手振りで言われ、渋々乗る・・・。

 

バイクタクシーは手ぶらの時なら悪くないんだけど、買い物荷物を抱えてのらないといけない時は結構しんどい。左手で荷物を抱え、右手一本でバイクの座席をぎゅーっと握り、自分の体幹を200%駆使しないと、ウネウネ曲がるバイクの後部座席から振り落とされそうになる!

おまけに、小雨で体はしっとりするし、変なところは筋肉痛になるし、バイクの泥はねで足元は真っ黒に・・・。

 

次回はタクシーが確実にある別のショッピングセンターへ出撃します。まだまだ探し物は見つからない。

hnps02.jpg

活気にあふれていると言えばいいのか・・・。この有象無象の流れの中をバイクタクシーで走るスリルはなかなか東京では味わえない。ベトナムの人はとにかくクラクションを鳴らしまくるので、すんごくうるさくてパワフル。

 

 


nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

ミュージカル:美女と野獣 [たまには音楽でも]


ハノイ出張の2日前のオハナシ。

初めて劇団四季のミュージカル「美女と野獣」を見に行ってきました。出張2日前に余裕をかまして遊んでいるあたり、もうかなりダメなんですけど。先に決まったのはミュージカル鑑賞だったので致し方なし。 

 

そもそも、エンターテイメントに枯渇していたウガンダ滞在中にiTunesで「オペラ座の怪人(ロンドン公演)」を見つけたのが始まり。この情報のおかげでミュージカル熱に火がともった。

残念ながら彼の地では2GB以上のダウンロードは無理で悔し涙をこらえつつ、それじゃ日本で四季のミュージカルチケットでも探そうと思い同居人に相談したところ、「オペラ座の怪人」は敢え無く却下(理由は恐いからだそうです(笑)。)。

ならばと候補にあがったのが「美女と野獣」。ディズニーだし、ハッピーエンドだし、春に見るにはいいかもというわけで、大井町にある四季「夏」劇場まで行ってきました。

 

大井町線から見える四季劇場は全体がオレンジ色の目立つ造り。ただ、あまりにもさっぱりした造りで、劇場に来たわくわく感があまり湧かない。映画館にでも来たような感じかなぁ。軽食やドリンクを出すバーエリアもキオスクのような雰囲気で、ちと残念。

肝心のショーはというと、実は意外と長い上演で2幕に分かれてました。わたし達の席は2階の最前列だったので、舞台を見下ろしながら楽しむ感じ。セットが2階建だったりするので、演者に近く十分に堪能できました。

 

ただ、アニメーションの美女と野獣を見ているので、そこがベースとなっちゃうから結構厳しい目で見てたかも(笑)。ベルはもうちょっと若々しくてもイイとか(失礼!)、ガストンの弟子(?)はもうちょっとFunnyな感じがイイとか、 自然とハードルが高くなっちゃう(笑)。

とはいえ、見どころは一杯あります!お城の住人達がどういう風に実写化されるのかというのは、この舞台の醍醐味の1つ。1役1役の衣装は遠くから見ても本当に手が凝っていて綺麗でした。

 

sk.jpg

 

中でも「Be Our Guest」の場面は見ごたえあり!

色んなキャラクターが次から次へと出てきます。

これが、きらびやかで美しいんです。

これぞ舞台!

 

 

 

 

 (劇団四季のHPから)

 

次は「キャッツ」か「ライオンキング」かなぁ。でも、やっぱり「オペラ座の怪人」が見たいなぁ。一人で行っちゃうか?

 

 

【ご参考まで:】

劇団四季HP:http://www.shiki.jp/

 


nice!(4)  コメント(2) 

11年ぶりのハノイ [ベトナムでのお仕事]


今週からベトナムの首都・ハノイに来ています。

 

実は最後に訪れたのが2001年なので、かれこれ11年ぶりくらいになります。10年ひと昔と言うけど、全くその通りで、昔の面影を探していますが、なかなかピンっ!と記憶にヒットしません。そもそも記憶がだいぶ薄れてるっていうのもある。

アジアの中でも躍進的な成長を遂げているベトナム、久しぶりに活気あるアジアの空気を堪能しつつ、暫くこちらでお仕事する予定です。

 

なーんて、清々しい文頭で始めましたが、 実はかなりどよーんとした第1週目でした。

まず、今回久しぶりに3か月間の長めの出張にもかかわらず、準備を怠り前日までドタバタ。しかも、タイミング良く風邪をひき、更に週末が重なったのでお医者さんにも行けず、市販の風邪薬を大量にスーツケースに放り込み飛行機に。

 

やっと着いたと思ったら、ハノイが想像以上に寒く(20度下回ることもあり)、夏物しか持ってこなかったため、無理やりの重ね着で肩こり発生中(笑)。ガイドブック買ったくせに、気温もチェックしない体たらく。

とどめは仕事の契約が内容も含めてかなりひっくり返り、当初想定していた締め切りが今月末に早まる事態へ急展開。じゃあ4月・5月は何してろっていうの?

 

見よ、この「どよーん」っぷり(笑)。イギリスだって、こんなに重苦しく曇ったりしないぞ。 

lsh.jpg

ホテルのお部屋からの景色(↑)。一応「朝」の風景。

 

風邪は回復傾向にあるんですが、なにせ東京に負けずの寒暖差なので、なかなかすっきり直らない(冷房を入れる日もあれば、暖房を入れる日もある(恐るべしハノイ))。

もうちょっと経てば、生活も慣れてくるのかな~と思ってます。いま、アパートを探しているので、そこに落ち着ければだいぶ違ってくるような気がします。ぼちぼち、旧市街地や新しいショッピングセンターへの探索もしていくつもり。

次回はもう少し楽しいハノイ記事をお送りしま~す。

 

skr.jpg

 

東京は少しずつ温かくなっているようですね。

ハノイも一応「春」にはなっているらしいのですが・・・。雨や曇りが多くてなかなか春らしくありません。

 

今年は桜が見れないので、出発前に同居人が買ってくれた啓翁桜。 気持ちだけでも春らしくありたいものです。

 

 


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。